自社株対策

中小企業の事業承継を円滑に実行するために最重要となる自社株対策をサポートします。

自社株対策の必要性とリスクの存在

1.相続税負担額の問題

オーナー経営者の場合は払込資本金の大部分を所有しているケースがほとんどです。自社の株価が高い場合(資産に含み益がある場合、純資産が大きい場合等)は相続が発生した際に課税される相続税も高額になります。

2.遺産分割の問題

相続財産を配分する際に遺言書がない場合は民法上で決められた法定相続分による遺産分けになります。しかし通常は相続人間の話し合いによる「遺産分割協議書」が作成され分配を決めるケースが多いです。

3.自社株対策は企業ニーズを基本に問題解決

自社株対策には単純系と複雑系が存在します。いずれもプロフェッショナルによる高度な領域に属します。一歩間違えば、多額な納税につながる危険が有ります。単純系とは対策が一つまたは二つの少ない組合せにより評価引下げ効果を実現することを意味します。

しかしながら、歴史と伝統を持つ企業の場合には、複雑系が必要となります。すなわち、種類株式を取り入れ対策実行をする。又は従業員持株会社を設立することにより、評価引下げ策考える事等々極めて多くの選択肢の中で最善策を採用しコンサルティングを行うこととなります。

期間・費用の目安

詳細な業務内容及びスケジュールは個別にてご提案させていただきます。

皆様の状況・ご要望に合ったご提案をさせていただきます。

対応エリア

原則として、千葉県及び関東近県
お客様の状況とご要望によりますので、首都圏以外のお客様も内容をお聞かせください。

担当スタッフがお答えさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。