税務調査対策

税務調査とは...?

税務調査は経営において避けては通れないものです。税務調査とは国税側が「質問検査権」を行使する行為です。納税者は「受任義務」があり、調査を受けなければならない義務を負っています。平成24月 12月にこの税務調査の規定にあたる「国税通則法」が改正され、平成25年1月から施行されました。今までは税務調査は調査官の現場の裁量によって指導がされていた経緯がありましたが、今後は税務調査の法整備が厳格化され、調査内容も厳しくなるという傾向にあります。

税務調査の立会い

税務調査の立会いは一般的に2日にかけて事業内容、帳簿の確認等を実施します。

税務調査を受けるときに最重要ポイントはまずは正確な、法律の解釈、税務当局が発する各種通達や判例の情報収集にあります。それをもって理論武装をし、対策をすることが必要となります。それと同時に税務調査の最終局面では様々な税務当局との駆け引きや交渉も必要です。

これらを納税者側ですべて実施することは不可能です。

児島会計グループでは42年の歴史のなかで数多くの税務調査に立ち会ってきた実績をもとにお客様のサポートを致します。

準備事項

  • 事前の懸念事項の確認と理論武装
  • 備付会計帳簿等の整備指導

  • 調査立会時の現場での情報収集
  • 正確な事実認定と税務当局との見解の相違からの否認指摘に対しての反論

  • 調査終了に向けて税務当局との交渉

対応エリア

原則として、千葉県及び関東近県
お客様の状況とご要望によりますので、首都圏以外のお客様も内容をお聞かせください。

担当スタッフがお答えさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。